小さいことからダイエット

ダイエットの方法がたくさんありますがダイエットをする前にこのことを知っておかないとダイエットができません。

おいしい料理を食べる女性それは日中のためのエネルギーは食べ物でとるエネルギーより高いということです。それで、ダイエットを成功するために、できるだけエネルギーを使えばいいです。毎朝ジョギング、エネルギーが多い食べ物を減らします。

たとえば、肉、魚、油などです。そして、野菜を多めに取ります。つまり、食事はとても大事です。

そして、できるだけ体を動かします。ジョギングはお勧めです。

スポーツはとてもいいです。なぜなら、自分だけでなく、友人とやれば、気楽でできるし、長く続けるからです。お勧めはサッカー、バドミントンなどです。

そして、糖質をカットすることも何よりも必要です。お菓子や甘いものを減らします。 一日きちんと三食を取れば一番いいです。それは、元気でダイエットできる方法です。

以上、私は成功したダイエットの方法なので是非参考してやってみて下さい。

アミノ酸を摂取すると痩せやすくなりました

ワキを脱毛してノースリーブが着たい

私は小さい頃から毛深い女の子でした。
それに自分で気付いたのは小学校の高学年くらいでしょうか。
体育の時間、当時はまだブルマだったのですが、並んだ友人と比べて自分の足の毛が濃いことを知りました。
年頃になるにつれて、無駄毛の処理はかかせなくなり、手や足やワキなど毎日カミソリで剃っていました。

stockfoto_53559969_XS手や足はそれで何とかごまかせたのですが、ワキだけはカミソリで剃っても毛根の黒いポツポツが残り、キレイになりません。

そして何年もカミソリで剃っていたせいか、ワキの皮膚が黒ずんでしまい、余計汚らしい見た目になってしまいました。

夏になれば、半袖の隙間からワキがチラッと見えてしまうこともありますので、それに細心の注意を払わなければいけません。
なるべく、ワキが見えにくい洋服しか選べなくなってしまいました。

ノースリーブなんてもってのほかです。本音は袖なしの服でさわやかに夏を過ごしたいのに、ずっと我慢してきました。

脱毛をすれば、ワキをいつでもキレイに保つことができて堂々とノースリーブも着れそうなので脱毛に挑戦して、人の視線を気にしないいで夏のファッションを楽しみたいです。

昔から自分の毛が嫌い

私は昔から毛が生えてくることが嫌で意識しだす歳になると剃り始めました。

でも、剃っても濃くなる一方でなにも変わりませんでした。夏になるにつれて嫌になるので、ついに決心してバイトでお金をためヒゲみたいに濃くなった毛を脱毛することに決めました。

stockfoto_108421989_XS私は永久脱毛が希望だった為、ミュゼなどのサロンは絶対に行かないと決めていました。クリニックや皮膚科で受ける事を決めていました。

やはり、皮膚科やクリニックは高い為、全身脱毛希望でしたが我慢してとりあえず脇とVIOをしました。VIOはまだ途中ですが夏になると水着や露出が増えるのでと思い、しだしました。

サロンは何回もずっと通わないといけないですが、クリニックは6回程度で無くなる為すごい良いです。私がすごく悩んでいたヒゲみたいな、それ以上あるのではと思う毛でもある程度の回数で無くなったため満足と、やはり脱毛はすごいという事を実感しています。

痛いと抵抗がありつつもそれ以上に剛毛が嫌だった為これからも違う部位で通い自分の嫌な部分を無くしていこうと思います。

全身の永久脱毛は高額な費用が掛かります

産後のムダ毛を旦那に指摘された

妊娠前はそんなに生えなかったワキ毛と足の毛
出産したらホルモンが代わってワキ毛と足の毛がわっさわっさ生えました。

妊婦 疑問男か!って突っ込みたくなるくらい…。
剃っても剃っても生えてきて肌もそんなに強い肌ではなく敏感肌だったので剃刀負けしてしまってました。

色々なカミソリ使ってみましたが同じ。
2日置きに剃る始末…。

脇はカミソリのせいで黒ずんできてノースリーブなど脇が隠れないのは着れません。

着たとしてもカーディガン羽織ったりして隠さなきゃダメです。
そして、とうとう旦那にも指摘されてしまいました。
『お前脇黒くない?』って言われた一言が辛かったです。

好きでこうなったわけじゃないですし産後のホルモンの影響だと説明しても分かってもらえず見るたびに言われてます。

脱毛クリームも無意味で効果なしだったのでお金の無駄でした。
脱毛したいけど子どもも小さいから行けるはずもなく。

近場に脱毛専門店があって気軽に行ける所なら子どもを連れて行きたいと切実に思いました。

ムダ毛を脱毛したいと思ったこと

私のムダ毛の気になる部分は手、足、背中 お腹、ほとんどの身体の部分です。

ずっと前から脱毛はしたかったのですが、まだ高校生ということもあってお金もなくて脱毛はしていませんでした。なので、毛深いため毎日剃るようにはしていました。

Spa - face skincare beauty womanそんななか、本当に脱毛したいと思ったときは友達みんなで夏休みに海に行こうとなりました。
前日にしっかり全身剃っていけば大丈夫だろうと思っていました。

当日、みんな水着になっているので肌を見ていると、剃り残しもなくて手とか触っていてもすごくつるつるでした。私は友達に脱毛したのと聞いてみると、みんな海に行くから全身脱毛して来たと言っていました。

そのとき私は、本当に恥ずかしくて脱毛してないと言えませんでしたが、海で遊んでいると1人の友達が私の手がザラザラしていて痛いと言われました。

そのときは本当にショックで絶対に脱毛をしようと思いました。まだ、脱毛はできていないのですが夏休み中に絶対しようと思いました。

ニート体質から仕事人間に変わった夫

男ってつくづく単純な生き物だと思います。うちの夫は仕事が続かないニート体質でしたが、私の教育によりバリバリの仕事人間になりました。私は結婚する前にサービス業をしていて、お客様の心理や後輩の教育について徹底的に学んでいたため、経験を駆使して夫を変える事に成功しました。ほとんどの男はつらい事に耐えられない生き物です。基本的には家庭の中で夫が一番大切で頼りになる存在であることをアピールしなければいけません。でも向上心や頼られたい願望はあるのでただ甘やかしてもいけません。夫に腹が立ってもネチネチ長く怒ってもいけませんし強く怒ってもいけません。しかし、ただ夫の言う事を聞いているだけでは夫をイライラさせるだけですし、頼りがいがある男にはなりません。言いたい事がある時は怒らず一言で伝え、その後はすぐに切り替える事が大事だと思います。最近も夫が仕事が忙しくイライラしていました。普通であれば「家族に八つ当たりしないでよ。」と怒ってしまいそうですがそこはグッと抑え、「次に休みあなたの好きなラーメン食べに行こうか。」と言うと明るい表情になり、「本当?」とご機嫌になりました。男ってかわいいなと思います。